スクールに通って効果的に英語を話せる様になろう

スクールで遊んで学んで身につく英語力

いろいろな指導方法

マンツーマンレッスンとグループレッスンをうまく使い分ける方法

英会話スクールのレッスンプログラムには大きく、マンツーマンレッスンとグループレッスンがあります。マンツーマンレッスンとは、英会話講師一人と自分一人の二人きりのレッスンです。グループレッスンとは、講師一人と複数の日本人を含むグループで行うレッスンです。マンツーマンレッスンとグループレッスン、それぞれに良い点があります。 マンツーマンの良いところは、先生を独り占めできるのでグループレッスンではお願いできにくい個人的なお願いをすることが可能です。例えば、おかしな発音があれば積極的に指摘して直してもらうようにお願いしたり、趣味や仕事などの具体的なシチュエーションを設定してもらうということができます。 一方で、グループレッスンの良いところは、他の受講者もいるので自分の視野の範囲内におさまらないということです。また、グループでの英会話力を鍛えることもできます。

英語を話す環境をつくるために英会話スクールに通う

英語の上達に必要なことは、とにかく話すことです。日本で生活をしていると、普段の生活のなかで英語を母国語とする人と出会う機会がめったにないのです。ですので、英会話スクールなどに通って、英語を話す環境をつくる必要があります。また、英会話スクールには、英会話力を身につけようとする他の受講者もいてモチベーションアップにもつながります。日本人受講者同士、英語で会話をして英会話力を鍛えることもできます。 また、外資系企業に勤めていて職場で英語を話す機会があっても、職場は英会話スクールではないので正しい英語を身につけていくことは難しいです。ですので、外資系社員であっても英会話スクールでビジネス英会話力をのばしていくのです。